×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

オーストラリア編

オーストラリア ブルーマウンテンへ

 

オーストラリアは、オーストラリア大陸とタスマニア島及び、その他の小さな島で構成され、6州と2連邦直轄地からなります。各州には独自の政府があり、首都はキャンベラです。
大陸の広さは日本の約21倍で、世界で6番目に広い国です。
人口は日本の約10分の1。約2000万人の人口を持ちますが、その大半は大陸東部の海岸部に集中しています。
季節は日本と正反対になります。
ちなみにオーストラリアはかつて、イギリスの流刑地でした。

今回は世界遺産でもある『ブルーマウンテンズ』を目指します 。

 

まずはお金を両替しますドル袋
      オーストラリアのお金
オーストラリアの紙幣はピンク、赤、青、黄と、とてもカラフルです。
実はこの紙幣はではなくポリマー製(プラスチックの一種でビニールみたいの)なのです知ってました?
透明な部分(透かしのようなもの)もあって向こう側が透けて見え、世界的にもかなり高度な技術で作られています。
でもすごさはこれだけではないまだあるんです

其の1 水に強い
  海に入っても、ポケットに入れて洗濯機で回しちゃっても大丈夫。
  色落ちもしないし、清潔だし、形状も記憶します。
其の2 紙幣が長持ち
  製造コストはかかるが、耐用年数は植物性繊維紙の3~5倍といわれています。
  手で破る事はできない丈夫なものです。(少し伸びるらしい。やっちゃいけませんよあせあせ
其の3 偽札をつくるのがほとんど不可能
  ポリマー紙幣には3段階のセキュリティーが設けられております。
其の4 環境に優しい
  従来の紙のお札だと木を伐採しなくてはならず森林破壊にも繋がりかねませんたらーっ
  しかーし、これはビニールだから大丈夫。リサイクルも簡単にできます。

ちなみに硬貨の表面はエリザベス2世の肖像だけど、裏面はオーストラリア固有の 動物の絵です揺れるハート

オーストラリア硬貨一覧

 

シドニーオペラハウス オペラハウスと海バト 

『シドニー・オペラハウス(Sydney Opera House)』 はシドニー湾に突き出したシドニーのシンボルで、2007年に 世界遺産に登録されました。
このシドニーオペラハウスはオーストラリア・シドニーにある20世紀を代表する近代建築物であり、世界的に有名な歌劇場・コンサートホール・劇場で、当時無名だったデンマーク人建築家ヨーン・ウッツォン(Joern Utzon)がデザインがしました。
1959年に着工し、当初の予定より10年も延びた14年後の1973年にようやく完成!
ちなみにこのかたちは、「みかん」を剥いているときに思いついたそうです。

 
シドニー湾付近は海鳥が多いです。日本でいうハト?餌をねだってきます。

さてシドニーから『ブルーマウンテンズ』に向けて出発です電車
         
 
  セントラル駅の売店             セントラル駅発の列車電車でカトゥーンバまで約2時間

ルーラ駅 
カトゥーンバに行くのを急遽取りやめ、ルーラ(Leura)からまわることに!
そんな訳でルーラ駅にて下車。
ちなみに「ルーラ」の名前の由来は先住民族アボリジニの言葉で「溶岩」です。

紅葉してました 
紅葉がきれいですもみじ
 
ルーラは坂道が多いですヨあせあせ               霧が出てきました
入り口 
『The Blue Mountains(ブルーマウンテンズ)』入り口exclamation
さて「ブッシュウォーキング」に出発ですぴかぴかるんるんぴかぴか
 
 
 
自然がいっぱいなのですが、霧が深くてぜんぜん景色が見えません~あせあせ
 

ついに『Echo Point(エコーポイント)』に到着~exclamationメチャ疲れましたあせあせ
ここエコーポイントはブルーマウンテンズで最も有名な見所の一つです。

ブルーマウンテンズ エコーポイントからの眺めぴかぴか(新しい)
電球2000年に世界遺産に登録された『Greater Blue Mountains Area(ブルーマウンテンズ地域)』は8つの国立公園から成り立っています。
標高1300m級の砂岩の峰々が連なる山岳地帯です。絶壁や渓谷、滝、沼地、湿原など点在し起伏に富んだ一帯には、全世界の13%に相当する90種類以上のユーカリの繁茂し「ユーカリの樹海」が広がり雄大な眺めですハート達
「ブルーマウンテンズ」は、気温が上昇するとユーカリの葉からオイル成分が蒸発し、景観から反射する光の青のスペクトラムを相対的に良く通し、山全体が青く霞んで見えることからこの名がついたそうです。

 
だんだん霧がはれてきましたぴかぴかぴかぴか
 
 

 

『The Three Sisters(スリーシスターズ)』です。どんどん霧が晴れてきます。 ぴかぴか(新しい)すばらしい眺めぴかぴか(新しい)
「スリーシスターズ」の3つの岩石には、先住民族アボリジニの伝説があります。
昔、美しい3姉妹と祈祷師である父親が幸せに暮らしていました。ある日、食料を得に山に向かったところ、洞窟の穴の中で眠っていた魔王を起こしてしまった。
父親は姉妹達を守るために、魔法の骨で3人に魔法をかけ岩の姿にして難を逃れました。父親も自分に魔法をかけ、鳥に変身して逃げました。ところがその途中で魔法の骨を落としてしまいました。そして父親は鳥の姿のまま、今でもその骨を捜し続け、3姉妹も岩のままの姿のまま…

 

かなりきつい坂道です インフォメーション
疲れた体に鞭打ち、歩いてカトゥーンバに向かう。坂道きついあせあせ(飛び散る汗) インフォメーション発見!今夜の宿を探します。

 
カリントン・ホテル(Carrington Hotel)1882年にオープンした由緒&伝統あるホテルです。
窓にはステンドグラスがはめ込まれているコロニアル調でエリザベス女王も宿泊したことがあるそうです。
値段は少し高め。
  
中はすごくきれいです。                  なぜかドアノブの位置が異様に高いです!

 
晩御飯を買いにスーパーへ
出前一丁 緑茶
 出前一丁発見!                     緑茶もありました。
 
 お酒屋さん
             
   ベッドのクッションがすごい!トランポリンハート達(複数ハート)        ホテル代が高かったのでexclamation & question晩御飯はカップラーメン

  
 カトゥーンバ駅です。「カトゥーンバ」の名前の由来は先住民族アボリジニの言葉で「輝く滝」です。
 
                                電車列車が来ました。シドニーに帰ります~。

 


 海外の旅目次へ戻る     このページのTOPへ戻る